宝石鑑定インフォメーションについて

このサイトは鑑定・鑑別機関を紹介する事により、一般の方が鑑定書・鑑別書を作成する際にお役立ていただくため作成されました。

意外と知られていませんが、鑑定書・鑑別書の作成は一般の方でも可能です。ちょっとした知識を持っていれば、有料ではありますが鑑定書・鑑別書を作成する事は難しくはありません。

お持ちのダイヤのグレードが知りたい、あるいはお持ちの宝石が何の石か確認したいという場合にお役立ていただけましたら光栄です。なお詳しくは各鑑定機関にお問い合せください。

鑑定書と鑑別書の違い

鑑定書と鑑別書、混同されがちですが実はまったく性質の違う物です。
鑑定書はダイヤモンドに対してしか作成できませんが、鑑別書はどのような石に対しても作成する事が可能です。また検査項目や目的もまったく違いますし、作成時の注意も変わってきます。それでは、鑑定書・鑑別書の違いを確認していきましょう。

鑑定書とは?

鑑定書とはダイヤモンドグレーディングレポート(実はこっちが正式名称)とも呼ばれ、ダイヤモンドの重量(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)、カット(Cut)、一般的に4Cと呼ばれるダイヤモンドのグレードが記載されている書類です。ダイヤモンドであれば、作成することが可能ですが、作成できる石のサイズには制限がありますので各鑑定機関にご確認ください(主に0.1ct以上)。

鑑定書にはこの4Cの他にも細かな寸法や、蛍光性、キューレットサイズなどの記載があります。

鑑別書とは?

鑑別書とは、この石が何であるのか、天然であるのか合成であるのか、どのような処理が施されているのかを記載した書類です。作成しようと思えばガラスでもプラスチックでも作成が可能です。

鑑別書には、その石の品質に付いては何も書かれていません(何の石かの検査報告が書かれているのみです)ので、鑑別書を見ただけではその石の品質を語る事は出来ません。

鑑定・鑑別書作成時の注意

鑑定書作成時

鑑定書を作成する際は枠から外したルース(裸石)状態でのみ検査が可能です。しかし、昔発行された鑑定書ですと枠付きの状態で検査している場合もあります。当然、枠から外さなければ見えない部分や検査しにくい項目もありますので、枠付きの場合は「カラーG-H」や「クラリティVS1-2」の様な広い範囲で判断します。

鑑定書は一つの対象石に対して発行されますので、複数石のリングやネックレスでは鑑定書ではなく鑑別書を作成するのが一般的です。鑑定の基準は年々厳しく改定されていますので、同じ石でも昔の基準で作成された鑑定書と今の基準で作成された鑑定書の内容が若干違う事もあります。これはダイヤの品質が変わったわけではなく、鑑定の基準が変わったということになります。

鑑定書は上記の通りルースでのみ作成可能ですので、今現在製品になっている場合には、石を枠から外す必要があります。

鑑別書作成時

鑑別書を作成する場合は、対象の石が何であるのかだけでなく、天然石か合成石か、処理石か未処理石かも判断されます。しかし、処理・未処理の判断には特殊な分析が必要な場合が多く、別途検査が必要になることもあります。

意外と知られていませんが、同じ種類の鉱物でも色や効果によって宝石名が変わりますので、その色や効果に付いても検査されます。例えばコランダム種の赤色はルビーでその他の色はサファイアなのですが、微妙な色合いの時にルビーなのかピンクサファイアなのかの判断も行います。鑑別書は一部の石を除いて、石が枠に付いた状態や複数の石が付いていても発行する事が可能です。